高齢者見守りカメラ ネット環境なし

遠く離れたひとり暮らしの親が心配だから見守りカメラを使って親の行動を確認できるようにしたい?
しかし、そこには大きな問題が・・・
>実家にはインターネットなどネット回線やwifi環境がない
という大きな問題です。
高齢者の見守りカメラを利用するためにわざわざネット回線を引くのは経済的ではありませんよね。
安いネット回線のプランでも月3,000円~4,000円くらいはしてしまいます。
これではちょっともったいないですよね。

そこでご紹介するのが
見守りCUBE
という見守りカメラです。
これは見守りカメラにデータ通信専用のSIMが入っていてネット回線を新たに引く必要はありません。
ネット環境なしでも使える高齢者見守りカメラなんです。

料金は
・月額3,900円~(税込み4,290円)1年プラン
です。
※データ要領1GB 最大300分利用可能

詳しくは公式サイトをチェックしてみてください。

\ネット環境なしで使える高齢者見守りカメラ/
見守りCUBE 公式ホームページ

高齢者をネット環境なしで見守りできるカメラ「見守りCUBE」の設置場所

高齢者をネット環境なしで見守りできるカメラ「見守りCUBE]をどこに設置すべきか?
いがいと悩むところでもあります。

いくら見守りCUBEでもカメラで親の様子を映し出せる範囲には限界がありますからね。

リビングのテレビの前

高齢の親が一番居る場所と言えばやっぱりリビングのテレビの前ではないでしょうか。
そんな時には見守りCUBEをそっとテレビの雨にでも置いておけばあまり邪魔になりません。

これで高齢の親が寝室のベッドに行かずにテレビの前でウトウト
それで風邪をひいてしまうリスクも軽減できますよね。

寝室などの天井に設置


一番心配なのはきちんと寝室のベッドで寝てくれているかどうか?
そんな心配をするのなら寝室などの天井に見守りCUBEを設置するのも良いかもしれません。
見守りCUBEは約6条程度の範囲を映しだせます。

認知症で徘徊が心配なら玄関に設置


認知症で徘徊の心配がある?
そんな場合は玄関に見守りカメラを設置するのもいいと思います。
オプション料金は必要になりますが見守りCUBEには簡易検知機能が追加できます。

検知オプションとは?
みまもりCUBEには、映像内の動く物体(人・動物・影など)の動きをすべて見つけますが、
条件を設定する事によりお客様のご要望の検知設定を施す事ができます。
検知設定はカメラ毎にお客様のご要望を聞き取り、弊社オペレーターにて施します。
※検知オプションの有無に関わらず、メール等での通知は可能です。
検知オプション料金 1台1,000円(税込み1,100円)
\ネット環境なしで使える高齢者見守りカメラ/
見守りCUBE 公式ホームページ

老人ホームなど介護施設でも導入実績多数の見守りカメラ「見守りCUBE]

この高齢者見守りカメラ「見守りCUBE]は多くの老人ホームなどの介護施設でも導入されています。
やはり見守りカメラだと簡単に利用者の状況を確認できるので便利です。

ネット環境なしで親を見守りをするならGPSキーホルダーも便利

お家の中にいる状況なら見守りカメラが便利です。
でも、「今どこにいるの?」ということがわかりたいのな携帯GPSのことも知っておいてくださいね。
介護保険適用の高齢者見守り用のGPSもありますが、意外と面倒な手続きや料金も高い物ばかりです。
でも今は小型軽量の子供見守り用GPSキーホルダーがたくさんあって便利ですよ。
しかも安いですしね。(月額480円)